心因性依存も禁煙できるニコレットと代謝への理解

禁煙に対する取り組みは近年のトレンドの一つであり、健康増進を進める上では欠かせない視点となっています。しかし、実際に禁煙をしようとすると難しいのも確かであり、多くの人が禁煙を志しては失敗に終わるということを繰り返している状況があるのも事実です。心因性の依存性が生じやすいからであり、煙草に含まれるニコチンに対する依存症がその原因としてよく知られています。煙草をやめようと思ってもニコチンの作用に対する欲求が抑えられずに再び煙草に手を出してしまうということになりがちだからです。こういった心因性のものの場合には克服は可能ですが、心因性ではなく、肉的的依存になってしまうと禁断症状が生じてしまうリスクもあります。そのため、禁煙補助のためにニコレットが古くから使用されています。ニコレットはニコチンを含むガムであり、ニコチン依存症になっていても禁煙を実現しやすくなります。煙草からではなくニコレットからニコチンを摂取するという形に切り替えることができるからです。こうすることによって喫煙による健康被害の多くから逃れることができるでしょう。ニコチンは肝臓で代謝を受けて尿中に排出されることから自然に体外に出していくことができますが、そういった代謝を受けていってしまうからこそ何度も摂取を続けなければならなくなってしまいがちになります。しかし、体内で代謝を受けるということには留意することが必要であり、ときには薬物治療の際に薬物間相互作用を起こすことがあります。禁煙をしていてもニコレットを使用している場合にはその点に注意していなければならず、医師に薬を処方してもらう際には喫煙者ではなくともニコチンを摂取していることを伝えることが大切です。