身体に悪い煙草を止めるためにニコレットとその副作用

煙草は身体に悪いと言われています。
煙草の煙の中には、4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうちに60種類以上に発がん性があると言われています。
また、煙草にはニコチンが含まれ、脳内のある受容体と結びつき、ドーパミンを放出させます。このドーパミンには、人に快楽を感じさせますので、一度煙草を吸い始めると止めることができなくなります。
禁煙をしたいと考えた場合、ニコレットと言う禁煙ガムを使用すると楽に禁煙ができます。ニコレットの中には1個の中にニコチンを2mg含んでおり、煙草が吸いたくなると、ニコレットを噛むと体の中にニコチンが入り、煙草を吸わなくても、ニコチンが切れた禁断症状を味合わなくてすみます。
1日最初は24個まで使っていいのですが、徐々に減らしてゆき最後1日に噛む量が1個か2個になるとニコレットの使用を止めることで、禁煙が出来ます。
注意すべき事は1個のガムをゆっくりと噛み、口に中にピリッとした味を感じた時(ニコチンが口に中に出て来た時)噛むのを休むみ再び噛み始めもう一度ニコチンが口の下に出て来たことを確認してから噛むのを止めるべきで、少なくても30分は噛む必要があります。
副作用としては、大きい副作用が報告されていませんが、動悸、息切れ、めまい、血圧上昇が報告されています。
ニコレットを噛む時に急激に噛むと、ニコチンが一度に口の中に出て、口内炎を起こす場合がありますので、髪型には注意が必要です。
ニコレットは3カ月を目処に禁煙をすることをもくひょうにし、3カ月すぎると噛むのを止めるべきですが、止められない人がいます。副作用としてニコレットの依存症になる場合があります。1日1~2個だけ噛むようになれば、思い切ってニコレットの使用を止めることが大切です。